ブックタイトル大昇加工知的資産経営報告書

ページ
20/20

このページは 大昇加工知的資産経営報告書 の電子ブックに掲載されている20ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

大昇加工知的資産経営報告書

知的資産報告書とは「知的資産」とは、従来のバランスシートに記載されている資産以外の無形の資産です。企業における競争力の源泉である人材、技術、技能、知的財産(特許・ブランドなど)、組織力、経営理念、顧客とのネットワークなど、財務諸表には表れてこない、目に見えにくい経営資源の総称を意味します。また、「知的資産経営報告書」とは、目に見えにくい経営資源、すなわち非財務諸表情報を、債権者、株主、顧客、従業員といったステークスホルダー(利害関係者)に対し、「知的資産」を活用した企業価値向上に向けた活動(価値創造戦略)として目に見える形で分かりやすく伝え、企業の将来性に関する認識の共有化を図ることを目的に作成する書類です。経済産業省から平成17年10月に「知的資産経営の開示ガイドライン」が公表されており、本報告書は原則としてこれに準拠して作成しています。本書ご利用上の注意本知的資産経営報告書に掲載しました将来の経営戦略及び事業計画並びに付帯する事業見込などは、すべて現在入手可能な情報をもとに、当社の判断にて記載しています。そのため、将来に亘り当社を取り巻く経営環境(内部環境及び外部環境)の変化によって、これらの記載内容などを変更すべき必要を生じることもあり、その際には、本報告書の内容が将来実施または実現する内容と異なる可能性もあります。本報告書に掲載した内容や数値などを、当社が将来に亘って保証するものではないことを、十分にご了承ねがいます。〒5 3 8‐0 0 5 3 大阪市鶴見区鶴見4 丁目14 番5 7号T E L:0 6‐6 91 2‐0 8 0 9 FA X:0 6‐6 91 5‐0 8 0 9知的資産経営報告書DAISHO